JF5号 ジャストフィット秋葉原
[千代田区]収益ビル

東京23区の中心「千代田区」に位置し、エネルギッシュに変貌する「秋葉原」まで徒歩2分

当該物件は、JR山手・京浜東北・総武本線、東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅より徒歩2分、都営新宿線「岩本町」駅より徒歩1分に位置し、オフィスビルが多く所在するエリアにあります。「秋葉原」は日本最大の電気街。ポップカルチャーの聖地としても有名で、近年は多くの外国人が訪れる人気の刊行名所でもあります。新旧の文化を肌で感じることができる、商業・オフィス需要ともに高い立地です。賃貸は一括借上(サブリース)2022年に大規模改修実施済み。収入・支出ともに安定した運営が見込めます。

物件トピックスTOPICS

2023.03.03 申込みベースで完売。キャンセル待ち受付中。

2023.02.15 一般販売開始

2023.01.30 5号ジャストフィット秋葉原の改修工事ブログが公開されました。

募集期間
2023年2月15日(水)~2023年5月15日(月)
組合組成予定日
2023年6月1日
表面利回り
    約5.32%            (約8.01%サブリース前)
分配予定利回り
約3.32%(サブリース)
申込単位
1口100万円 最低出資額3口300万円
募集総額/募集総口数
3億5,000万円/350口
分配時期(支払月)
年2回(1月・7月)
運用期間
2年間(+延長期間1年)

一括借上(サブリース)

本物件は各フロアー1テナント。全7戸からなる事務所ビルです。様々な業種の事務所として利用されています。一括借り上げのため稼動状況が分配金に直接の影響を及ぼしませんが、入居期間が10年以上のテナントもあり、現在満室稼働中です。(2023年1月現在)

 

「千代田区」アドレス

皇居をはじめ官庁街、経済、文化・教育等様々な中枢機能が集積しており、昼間人口は約117万人と日本で1番昼間人口が多いいのが「千代田区」です。(令和2年国勢調査調べ)

「秋葉原」駅まで徒歩2分

8路線6駅利用可能(JR山手・京浜東北・総武本線の4線、東京メトロ日比谷・銀座線の2線、つくばエクスプレス)が利用可能なマルチアクセスな立地の当該物件は安定したオフィス需要が見込める物件となります。

 

2022年大規模改修工事完了

2022年タイル工事、シーリング工事、塗装張替、エントランス改修、屋上・各階バルコニー防水工事、揚水ポンプ更新工事実施済みのため突発的な修繕の発生が少ない物件です。また、設備以外の原状回復はサブリース事業者負担となっているため支出が少ない物件です。

物件概要
物件名称 SHIMADA秋葉原ビル
所在地 東京都千代田区岩本町三丁目9番4号
交通 ■都営新宿線「岩本町」駅より徒歩1分
■JR山手・京浜東北・総武本線「秋葉原」駅より徒歩2分
■東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅より徒歩2分
■つくばエクスプレス「秋葉原」駅より徒歩4分
■東京メトロ銀座線「神田」駅より徒歩8分
■JR山手・京浜東北・中央本線「神田」駅より徒歩8分
権利 所有権
土地 面積 124.72㎡(37.73坪)※登記簿
接道 西側幅員約11m公道
建物 種類 事務所
構造規模 鉄骨造陸屋根7階建
延床面積 584.07㎡(176.68坪) ※登記簿
専有面積 1階53.25㎡、2階86.37㎡、3階~5階92.25㎡、6階86.37㎡、7階81.33㎡ ※登記簿
戸数 7戸
竣工年月 平成2年5月
法令上の制限 用途地域 商業地域
備考 検査済証取得済
タイル工事、シーリング工事、塗装塗替え、エントランス改修、屋上・各階バルコニー防水工事、揚水ポンプ更新工事(2022年実施済み)

【特別分配金】
運用期間終了後、対象不動産を一括売却致します。売却価格から組合組成時の募集総額、売却に要する費用を差引いた後、残額が生じた場合、その金額の10%相当額を「特別配当金」として、出資持分に応じて出資者に分配し、残額は全て業務執行組合員にて受領します。